英語を勉強するノートの作り方! ~自分磨きノートの使い方・英語の勉強編~

シンデレラノート
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!ハナです。

「スキルを増やしたくて英語を勉強したい」
「留学するために英語をできるようになりたい」
「洋画やドラマを吹き替えや字幕なしで観れるようになりたい」

などなど、英語を勉強する理由は様々だと思います。

ここでは、英会話教室やスマホで出来る勉強法ではなく、
「ノートも駆使しながら勉強したい」という方向けに
書き方のコツや作り方を解説しています。


「ノートで勉強したいけどそもそも使い方がわからない」
「学校でノートはとっていたけど、工夫できるところはないかな」
こんな悩みを持った方は是非読んでみてください!

英語を勉強して自分を磨いて、もっと自分を輝かせましょう♪

何の為に英語勉強ノートを作るの?

英語を勉強するのに最も効率が良い方法は、単語を覚えまくって語彙力を増やしつつ、日常的に英語を喋るのが一番身に付きます。
では、「何故ノートを作るの?」という事ですが

  • 学習した事を整理して知識として定着するため
  • 何度も繰り返し見て復習するため

という風に使うと、自分の弱点というのが一目でわかって英語上達が早くなります。

ノートを書くという意味に、主に学生時代に単語や文法など「書いて覚える」という人が沢山いたと思います。
あくまで書く事で英語に慣れる」に意味があるので
「覚える為に書く」必要はないです!

単語の小テスト前など単語を書きまくって手に覚えさせていました・・・(汗

大事なのは、そんな付け焼き刃の知識ではなく
後で見返して知識を定着させる為のノートです。

英語ノート作りのポイント

ノートを作るにはポイントがあります。
頭に入りやすいノートと、そうでないノートがあります。
英語だけでなく、どんな題材でも対応できるポイントです!

<頭に入りやすいノート>

・見るからにスッキリしていて見やすい
・A4サイズ以上の大きさ
・使うペンは3色以内
・1ページ1テーマで書かれている
・余白が十分にある
・図・表・絵などたくさん入っている
・ノートを見返して再現できる



<頭に入りにくいノート>

・第一印象が汚くて、見返す気になれない
・メモ帳サイズなど、A6以下のサイズで小さい
・4色以上のペンを使っていている
・余白がなくてびっしり詰めて書いている
・図・表・絵などが全くなく、文字でしか書いていない
・見返しても内容を再現できない

「字が汚いからどうしても見にくいノートになっちゃう…」という方でも、
色が3色以内で余白を意識して作ると、シンプルで見やすいノートになります。

誰かに見せる訳ではないので、自分が読めたら良いんです!

ノートの使い方1例

見開きで左が例文・右に和訳や単語の意味などを書くと、見返した時に情報が頭に入りやすいです。

右のページを隠せば左の例文をまた復習する事も出来るので、オススメの書き方です。

オススメのノートは?

ノート選びですが、自分のモチベーションが上がるような好きなノートを選びましょう。

・大学ノート
・リングノート
・ルーズリーフ

その中でも

・罫線
・無地
・方眼

などなど、種類がたくさんあるので自分が使いやすい物を使うのがベストです。
個人的オススメは、ルーズリーフ×方眼用紙 が使いやすいです!

罫線だと横の線だけなので、行間が取りにくいため文字のバランスが崩れやすく、縦線を引いた時にズレやすくなります。

方眼用紙は細かいマスがついているので、どんな大きさの文字でも綺麗に書きやすくなる上に、線を引いたりちょっとしたイラストを描くのにも向いています。

オススメのノートのサイズ

A4かそれより大きいぐらいがオススメです。
書き込みやすく、1ページ1テーマや見開きで書く際に余裕を持って書けます。

持ち運ぶ事が多いならB5でも構いません。自分のライフスタイルに合わせたサイズを選びましょう。

ただ、小さすぎるサイズはNG。文字が見にくくなったり、勉強の為ノートが本領発揮しにくくなります。

楽しく勉強する為に

・英語で日記を書く

今日覚えた単語を駆使しながら日記を書く事をオススメします。
自分で文章を考える事は、英語上達にすごく効果的です!


・洋楽を和訳する

自分の好きな曲を和訳して意味を理解すると、普段リズムだけで楽しんでいたのがもっと楽しくなります。
歌詞を理解しながら歌えたら、とてもかっこいいですね♪


・アメコミを翻訳する

スパイダーマン、アベンジャーズ、デットプールなどなど…
マーベル・コミックが好きで英語を勉強したいと思い始めた方を沢山いると思います。
漫画の翻訳は、内容も楽しめながら会話の勉強も出来てしまう一石二鳥なのです!

まとめ

  • 復習して知識を定着させて、自分の弱点が一目でわかるノートを作る。
  • 頭に入りやすいノートを作る。
  • オススメのノートは方眼用紙×ルーズリーフ。
  • ノートのサイズはA4以上を選ぼう。
  • 楽しく勉強する為の工夫をしてみる。

英語に限らずノートを使ってこれから勉強する方・している方の参考になればな、と思います。

ノートや自分磨きは続ける事が一番大切で、その為に楽しむ事が必要です。
無理せずマイペースに、理想の自分に近付いていきましょうね。

以上、ハナでした♪

コメント

  1. 塩見賢人 より:

    突然の問い合わせ失礼します。
    英語学習ひろば( https://hitononayami.com/ )というサイトの運営を行っております塩見賢人と申します。
    現在は、WEBの立ち上げから日が浅い為、サイト上では個人として運営を行っていますが、弊社で専門の部署を立ち上げ、今後法人として行う予定となっております。

    今回、御社のhttps://kekkonlog.com/jibunmigaki-eigonote/.html こちらのページを拝見し問い合わせをさせていただきました。
    弊社のこちらのページ( https://hitononayami.com/learning-method/ )では英語資格保持者へ行った、最も効果のあった学習方法は?の調査結果を掲載しております。

    弊社独自にアンケートを行い調査した結果なので、他では掲載されていない内容です。
    弊社では、この調査結果を、現在英語の学習を行っている幅広いユーザーに届けられればと考えております。
    またこのような調査結果を掲載することで、御社のページの信頼度も向上するかと思います。
    引用のリンクを張っていただければ、こちらの調査結果を使用していただいて問題ありませんので、是非ご検討ください。

    また、今後もこのような調査結果を掲載していく予定ですので、是非ご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました