【マンネリ脱出】遠距離恋愛を楽しむ方法

未分類
この記事は約5分で読めます。

遠距離恋愛では、”マンネリ”という言葉は無縁にも感じられます。
距離があるからこそ、マンネリに陥りやすいのかもしれません。

マンネリだからこそ、1人の時間を楽しんだり、
普段の関係を見つめ直すための期間と捉えることでより良い関係になれるでしょう。

恋愛に依存するのではなく、相手のことを思いやれる関係を築く方法を
お伝えしていきます。

脱マンネリ対策は習慣化

遠距離恋愛でマンネリになることがあるなんて!と思うかもしれません。

マンネリとは倦怠期とも言い、
付き合いはじめの頃よりも新鮮味がなくなったり
関係が長く続けば続くほど、慣れて飽きてしまうような状態のことを表します。

遠距離恋愛においても”飽き”がくることでマンネリに陥ってしまうことがあります。

例えば、連絡を取る方法がメールか電話の場合、
毎日することで、お互いのことを知り過ぎてしまうことから起きます。

連絡方法が電話やメール、LINEというように限られることも
マンネリを生む原因の一つと考えられます。

その他、遠距離なので、会えることが重要になってしまい、
内容は二の次でデートコースが毎回同じになっているとか・・・

常に新鮮さを保てるといちばん良いのですが、なかなか難しいものです。
まずは、習慣化を目指してみてください。

会える時は、行く場所や内容を工夫することで、マンネリしにくくなるでしょう。
普段は行かないようなところに行ってみたり、初デートの場所にもう一度行ってみたりデートプランも記念日以外の日でも凝ったものにするとよりよいでしょう。

マンネリ=「気持ちが離れる」ではない

マンネリは必ずしも、気持ちが離れたということではありません

ずっと出会った頃のドキドキが続いているならいいのですが、
時間が経つにつれ、恋心が落ち着いてきているだけなのかもしれません。
お互いのことを理解するようになり、居心地の良い関係であるからこそ。

マンネリになったからと気にして不安を募らせることで
関係を悪化させることにつながります。

マンネリになったのではとあれこれ悩みすぎると
相手が、身近にいないことで、今、何をしているのか、誰と会っているかなど
不確かなことばかりを考えて、不安が募っていきます。

そして、不安に思っている気持ちが態度の変化になり、相手に伝わり認識するようになって、関係悪化につながることが一般的のようです。

遠距離恋愛でマンネリを脱する方法4つ

遠距離で会えない分、良いことも悪いことも含めていろんなことを考えてしまうのは
仕方ありませんが、
悪いことばかり考えていても不安を煽るだけです。

ここでは、マンネリをチャンスととらえて遠距離でも楽しく、
そして、遠距離でも2人の関係を続けるために役立つ方法をご紹介します。

コミュニケーションツールを増やす

連絡を取る方法を増やしてみてはどうでしょう。

毎日のように電話やメールをしていると話題が枯渇してしまうし、
電話やメールという限られた方法でワンパターン化してしまいます。

メールでのやり取りが多いなら文字だけでなく、写真を送ってみたり、
デジタルの電話やメールではなく、アナログに手紙を書いてみるのも一つの手です。
毎日連絡を取り合っているのであれば、あえて、2、3日、連絡をしないでみるのも良いでしょう。

時には、同じ映画や動画を見ながらテレビ電話で鑑賞したり、
交換日記を導入してみるのもいいかもしれません。

最近の交換日記は、アプリでできたり、
2人だけの公開にしてブログでやり取りをしたりするカップルもいるようです。

気持ちを言葉で表す

不安を少しでも減らすために普段の連絡から気持ちを言葉にして伝えましょう。

不安や不満、楽しかったこと嬉しかったことを常日頃から伝え合い、
お互いの気持ちを言える環境を作ることで、不安や不信感を抱くことが減ります。

お互いに言える環境を作ることで安心感が生まれます。
暗い話題ばかりになってしまっては相手は良い気がしません。

次に会う約束をする

デートの最後にはできるだけ、次に会う約束をすることです。

次に会う日が決まっているだけでも、会うまでの期間が楽しみになります。
「○日には会える!」という目標ができることで、相手が近くにいなくても会える日を思うだけでモチベーションが上がるだけでなく、
期間があればあるほど、自分磨きをしてさらに美しくなって相手を驚かせることもできます。

会える日のその時間は、あなたに確約された特別な時間があるだけで
例え、目の前に相手がいなくとも日々の生活に活気が生まれます。

一人の時間を楽しむ

相手を変えることは容易ではないので自分を変えてみましょう
距離があるからこそ考えてしまうのですから
いっそ、恋愛を忘れる時間を作ることで、気持ちの変化や整理をすることができます。

1人の時間が辛いから考えてしまうのですから
今までやっていないことや興味のあるものに挑戦したり没頭することで考える時間が減らせます。仕事に没頭するのもいいかもしれません。

恋愛以外に気持ちを向けるものを作ることで、こころも落ち着き、
自分にとってプラスになる内容であれば、とても良いでしょう。
心が安定することで1人の時間を楽しむことができるようになれば、悪いことばかりも考えなくなります。

遠距離恋愛では、頻繁に会えなくなることで手抜きになってしまいがちです。
一人の時間を上手に使って、自分磨きができれば、
次、相手に会った時に好印象につながることでしょう。

まとめ

・コミュニケーションツールを増やす
・気持ちを言葉で表す
・次に会う約束をする
・1人の時間を作る

遠距離恋愛において無縁とも思える”マンネリ”。

遠距離であることをうまく利用することで
より実りある恋愛を目指して
紹介した4つの方法を試してみてください。

彼との関係もきっと深まるはずですよ。
以上、ハナでした!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました